お料理教室

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

お料理教室の修了証

category - お料理教室
2011/ 06/ 16
                 
料理教室の修了証をいただきました!
110615_2254~02のコピー
フェランが愛してやまない壬生から出た福田先生の教室です。
世界の若手料理人ベスト20に選出された方です。
・・・私と1歳違いだけど、なんとすごい女性だと思います。ビールの量もw
料理教室が終わって、この春からは数年後にお店を出す予定で女将修行を壬生でなさっています。

2年間で完璧にマスターしたものは一つとしてないけど
一生懸命取ったメモノートとレシピを参考にしてときどきやろうと思います。
なにせ料理歳時記なので手に入りにくい食材が多いよ
たけのこごはんくらいかなw

服部先生を始め、
http://www.hattori.ac.jp/
神田さんとか
http://ameblo.jp/unokanda/entry-10414823144.html
ナリサワさんはご一家だけどご一緒したのは小学生のご子息
http://www.narisawa-yoshihiro.com/
鈴木さんのところは結婚式もやってるらしい。
http://www.lalliance.jp/
ジャニの某さんもいましたねw
なんといっても壬生の大将も女将も習いに来るというすごいメンバーでした。
壬生のレシピを全公開するんだけど、
壬生の大将も生徒の立場になることで新たに何かを発見することがあったらしいです。
わかるようでよくわからん。

なんでココに居るのかが不思議なくらいでしたが、
壬生の常連の方々ばかりで、コドモ会員を除けば
年収も年齢も一番下のクラスだったはず。
会話についていけないことが多々ありました(汗)
料理研究家とか、料理人や古代料理研究とかさまざまな料理関連のヒトがいるなかで、
お金持ちなご夫人なかんじの人たちもいて、
平日に振り替え授業でいくとまたまた住む世界が違う感たっぷりでした~。

壬生の会員300名の中の90人が教室に通ったみたいです。
シゴトの都合で、卒業式にはいけませんでしたが終了証をいただきました!
こんなのがいただけるとは思えなかった。嬉しい。

来月はエルブジがクローズしたあとでプライベートクローズなイベントに
皆様行かれるみたいです。こびとさんも行くにゃ。私は・・修羅場だvv
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

お料理教室

category - お料理教室
2011/ 01/ 16
                 
お料理教室 2011/01/15
月に1回のお料理教室の日です。
佃のstudio283

曙光(しょこう)
夜明けに東から昇る太陽のこと。

床の間は、卯杖(うづえ)お正月から節分にかけて飾る杖。1月の初めの卯の日に飾る。
日陰かずらは、不浄を祓う意味がある。南天は、難を逃れる意味がある。

洗面は、紅白のもち花、つくがね、むくろじ、
貝合わせ、かわしまじゅんじさんの描いた扇子。
とうせんきょうという扇子を投げる遊びをあらわした。

トイレは、葉牡丹、なんきんはぜ

【雑煮椀】
白子、ごはん
白味噌仕立 からし
雑煮の汁は、一番だしに白味噌、さとう、うすくちしょうゆ、溶きからし。
ふぐの白子をあぶって、たきたてのごはんと汁で。
【祝肴】宝船
六花蓮根 菜花
京人参 柚子 帆立
六花(ろっか)とは、雪の結晶のこと。蓮根のむき方と切り方で雪に見立てる。
特に新しいものではなく、伝統的な切り方とのこと。
【揚】小松引き
成田牛蒡 数の子
お正月の初めの子の日(ねのひ)に小松を引いて遊ぶ。根の形で吉凶を占う。
ごぼうは茹でてから抜く。そのあと炊きしめたもの。
【蒸】初鴉(はつからす)
かぶら蒸し
鰆 山葵
からすは神様の使い。
ゆずり葉を枯らすの羽に見立てる。
濃い食塩水につけて一晩おいたものをさっと洗って水を十分ふき取ってから
フライパンであぶる。
壬生では銀杏の葉で出たことがる。銀杏は薄くて失敗することが多いというけど
ゆずり葉でも結構難しかった。
かぶら蒸しといえば、ぐじだが、ぐじが無く代わりにさわら。
【お菓子】
立花のババロア 濃茶
もちろん無農薬のいろいろな種類のみかんをしぼってババロアにしたもの。

来年のお正月は1品でもいいから同じものを作りたいです。
野菜の煮物あたり。

DSC_0892.jpgDSC_0896.jpg
DSC_0895.jpgDSC_0872.jpgDSC_0873.jpg
DSC_0877.jpgDSC_0878.jpgDSC_0879.jpg
DSC_0881.jpgDSC_0882.jpgDSC_0885.jpg
DSC_0886.jpgDSC_0891.jpg
DSC_0889.jpg
                         
                                  
        

お料理教室 2010/12/11

category - お料理教室
2010/ 12/ 15
                 
DSC_0295.jpgDSC_0296.jpg
DSC_0292.jpgDSC_0293.jpg
DSC_0297.jpgDSC_0301.jpg
DSC_0304.jpgDSC_0305.jpg
DSC_0307.jpgDSC_0308.jpgDSC_0310.jpg
DSC_0311.jpg



お料理教室 2010/12/11
月に1回のお料理教室の日です。
佃のstudio283
復活祭 冬至

【飯】温寿司
酢飯 雪輪蓮根
凍り豆腐 干椎茸
【椀】つごもり
蜆 慈姑 揚げそば
【揚】柚子味噌田楽
との芋 ひりょうず
【強】
あん肝 長芋
藻付く 生姜
【お菓子】冬至湯
柚子 大納言
おうす
                         
                                  
        

お料理教室 2010/11/12

category - お料理教室
2010/ 11/ 15
                 
DSC_0167.jpg
DSC_0168.jpg
DSC_0169.jpgDSC_0170.jpg
DSC_0171.jpgDSC_0177.jpgDSC_0179.jpg
DSC_0180.jpgDSC_0172.jpgDSC_0183.jpg
DSC_0184.jpgDSC_0186.jpg
お料理教室 2010/11/12
月に1回のお料理教室の日です。
佃のstudio283

散り紅葉

床の間は、やすだゆきひこのデッサン。いろいろな紅葉の形、ところどころにメモがきが見える。
洗面は、聞く、寒菊、桐の種
トイレは お茶の花、からすうり


【飯】富貴よせ 木の葉や木の実が吹き寄せる
安納芋 銀杏 松葉
【椀】霜の花
聖護院かぶ 京人参
白子
【揚】
柳蒸し鰈
太蓮根 黄身酢
福島のかれい。
【煮】
海老芋 菊花 菊菜 酢ゼリー
【お菓子】
亥の子餅
濃茶
                         
                                  
        

お料理教室 2010/10/10

category - お料理教室
2010/ 10/ 15
                 
DSC_9888.jpgDSC_9890.jpgDSC_9906.jpg
DSC_9893.jpgDSC_9894.jpgDSC_9895.jpg
DSC_9896.jpgDSC_9898.jpgDSC_9899.jpg
DSC_9900.jpgDSC_9902.jpgDSC_9903.jpg
DSC_9904.jpgDSC_9908.jpgDSC_9909.jpg
DSC_9910.jpgDSC_9912.jpg
DSC_9913.jpgDSC_9915.jpg
DSC_9918.jpgDSC_9919.jpgDSC_9920.jpg
DSC_9922.jpgDSC_9925.jpg
DSC_9929.jpgDSC_9930.jpgDSC_9931.jpg


お料理教室 2010/10/10
月に1回のお料理教室の日です。
佃のstudio283

千五百秋(ちいおあき)・・永遠に穀物が豊かに実る、、という意味

床の間は、すすき、はぎ、かき、からすうり、あけび、くり、とちの実。実のなるものと紅葉。
洗面は 菊の花
トイレは ほととぎす。

【飯】神嘗(かんなめ)
伊勢神宮の神嘗祭。新しいお米をお供えする。
新米
戻り鰹 山葵 山椒味噌
【椀】レッケン山
中国の不老不死の水が湧くという山。
焼銀杏 干し菊
露大根
しずくの形に切った大根。
【揚】
〆鯖揚 五郎島 雁
〆めた鯖をからあげとてんぷらに。五郎島のさつまいもを雁に見立てた。
【煮】名残で復習
ひすい茄子
丹波栗 菊菜 椎茸
初夏に習ったひすい茄子。もういちどやりたいヒトが多かったようでリクエスト。
【お菓子】 月兔
紅玉みつ煮 飴
りんごをさとうで煮ただけ。仕上げにレモン。りめりんごのあめがけを添える。
霊薬
菊の葉っぱに濃茶。
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。