和布で作った

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

数奇屋袋

category - 和布で作った
2009/ 11/ 28
                 
DSC_7768.jpg
DSC_7505.jpg
冬コミ用ポーチ、和柄です。
先日スペインに旅立ったものと同じ品物になります。

数奇屋袋といって、お茶の道具(懐紙や扇子、ふくさなど)をしまっておくポーチみたいなものです。
お太鼓に結んだ帯の輪っかのところに差し込むか、着物の袖に入れれば手ぶらで運べますネ。
和ゴス的な小物として、また浴衣のお供にも良いですよ。

中央のマグネットで開閉します。
松竹梅に扇、小槌、鼓、そして四季の花々なので一年中使えますvv
模様は同じで色違い。地色が黒、紫、牡丹色。
レースをつけました。黒×黒、紫×白、牡丹×白。
裏地は無地と柄があります。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

数奇屋袋

category - 和布で作った
2009/ 11/ 15
                 
DSC_7505.jpg
来週、主人が海外に行くのでお土産に作ってみました。
何度かお会いしている方もいますが、これまでお箸とか和モノをお土産にしていたみたいです。
すきやぶくろ・・・お茶のときに懐紙や扇子、ふくさなどをしまっておくポーチみたいなもので、
本当は帯地のようなもので作るのですが、木綿です。安く仕上がった。

松竹梅に扇面、小づち、鼓、四季の花々なので無難にオールシーズンで持てる柄。
マグネットつけてみましたー♪
レースで飾ったのは、夏のイベントに出たときに和柄もあるといいというお声をいただいたので和ゴス風味にしてみました。
細長くあまっている布があるのでシュシュも作ってみますか!
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。