Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

お料理教室 2010/04/17

category - お料理教室
2010/ 04/ 17
                 
お料理教室 2010/04/17
月に1回のお料理教室の日です。
佃のstudio283

巳の日の祓
4/16は旧暦の3/3、ひなまつり。上巳の節句です。
川にみそぎに行って、夜は宴会をするのだそうです。
床の間はみやこわすれ。流し雛がとてもかわいらしいです。
洗面には桜の花が四種。
トイレは豆の花、あけび
CA3E0064.jpgCA3E0065.jpgCA3E0067.jpg
CA3E0066.jpgCA3E0068.jpgCA3E0069.jpg
CA3E0071.jpgCA3E0072.jpgCA3E0073.jpg
CA3E0074.jpg
【ごはん】花散らし
すし ふきのとう味噌 焼筍 木の芽
お弁当仕立てで。節句の日には神様にお供えするものを分けていただく。
すしめしに、袴を取ってゆでてからあくぬきし、味をつけたつくし。
焼き筍はぬかで湯がいて下処理したものを家庭の魚焼きグリルで焼くだけ。
水分が抜けてきてしょうゆを塗りながら焼く。
【椀】雛の色
蓬くず かるかん 百合根
厄除けにも使うよもぎで新芽の緑、かるかんは白で雪を現す。
ピンク色は魔よけ。桃の花の色。百合根を向いて花びらの形に切り取り、
食紅をすこしいれたお湯で湯がく。
面取りをしたところにだけ、ほんのりピンク色になってとてもかわいらしい。
【揚】
初もの 小蛤
能登の蛤。
うどの葉っぱ、芽。うどは白いところをいただくことが多いが、
季節が早いときには芽もやわらかく、味も香りもうどそのもの。
揚げ物やってみませんか?といきなり言われて挑戦です。
蛤の水分が出て油が飛ぶ!!
【煮】春の香
鮎並(あいなめ) ふき 新若布
あいなめは、あゆのように縄張りを持つ魚だそうです。
三枚におろして骨切り。片栗粉をしてから煮る。
蕗は塩水でゆでるだけ。だしを使わないので色がきれい。
若布をあたためて、汁ごと魚にかけます。
【お菓子】
桃花酒
酒かすの水羊羹。伊勢神宮の酒かすが手に入ったとのこと。
なかなか良い酒かすはないそうです。
酒かすはダマダマになっているので水を入れてつぶしてから
裏ごしをしてから寒天とゼラチンを入れます。とてもなめらか。
甘酢につけたしょうがスライスを添えて。
ふんわり酒の香りがやさしくて本日のヒットでした。
お濃茶は椿の葉にスプーンで添えて。チュッと吸います。
流し雛を一つ、いただきました。来年飾ろうvv

シフトの関係で、振り替えて他のクラスにて。
飯田橋の星つきレストラン、L'Allianceの鈴木さんもご一緒でした。
洋食ぜんぜんくわしくないので今度いけたらイイナ。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。