Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

お料理教室 2010/08/06

category - お料理教室
2010/ 08/ 07
                 
DSC_9083.jpg
DSC_9085.jpgDSC_9086.jpg
DSC_9087.jpgDSC_9088.jpgDSC_9089.jpg
DSC_9090.jpgDSC_9091.jpgDSC_9092.jpg
DSC_9093.jpgDSC_9094.jpg
DSC_9095.jpgDSC_9096.jpgDSC_9098.jpgDSC_9100.jpg
DSC_9101.jpgDSC_9102.jpgDSC_9106.jpg
DSC_9107.jpgDSC_9108.jpgDSC_9112.jpg
DSC_9114.jpgDSC_9113.jpgDSC_9116.jpg
DSC_9115.jpgDSC_9117.jpgDSC_9120.jpg
DSC_9122.jpgDSC_9123.jpgDSC_9124.jpg
DSC_9125.jpgDSC_9126.jpg
DSC_9128.jpgDSC_9129.jpg
お料理教室 2010/08/06
月に1回のお料理教室の日です。
佃のstudio283

迎え火

旧暦の7月、うらんばな→うらぼん→おぼん
洗面は蓮の花。
トイレはどうだんつつじ
玄関はみつもと草
床の間に迎え火、宝楽に炭をかざってある。
麻の皮をはいで、中身を炊くそう。
床の間の花は、みそはぎ(精霊花 しょうりょうはな)みそぎのときに使う花、
おみなえし、浜なでしこ、川なでしこ、角とら

【飯】水の子
瓜 茄子 小芋 柚子香 冷茶
水の子とは、お供え物のこと。
白瓜のかみなり干し。中をぬいて丸くぐるぐるに切って干してつけたもの。
お稽古で作ったものはすぐに漬けて、先生が作られたものをいただきました。
茄子はからししょうゆで即席漬け。
小芋は半分をたいて、半分は素揚げ。両方のおいしさをいただく。
半分食べたら、漬物もまぜて冷茶をかけていただく。涼しい。
【椀】蓮
散華 蓮芋 黄蜀葵(あめりかねり)、雲丹
芋のくき。たくさん穴が開いているので蓮のようだから蓮芋とよばらえている。
あめりかねりとは、オクラのこと。こっちが和名。
たたいて餅状にしたものの中に雲丹をいれて蒸し器で。
【強】雷神
錦糸瓜 桃 酢ゼリー 槍烏賊 山葵
錦糸瓜は麺のように見える。瓜の繊維をいただく。
いかと桃が合う・・・生ハムメロンのような新鮮さ。
桃は皮ごとゆでてからジューサーで小さくして布でこしたもの。ゴクゴクのみたい。
酢ゼリーは固めで、キューブのカタチをしっかりと。
【揚】旬
太刀魚 十六ささげ
十六ささげは、そのままの形で揚げてある。
【お菓子】送り火 旧七月七日
蓮くずきり みつ
大文字
薄くスライスして砂糖水から炊いた蓮根を、
やわらかくなってから細かくみじん切り。
みじん切りになったものとくずを混ぜると、
和紙で作った短冊のように美しい。
ほうずきの中にオブラートにくるんだ濃茶。
かけてある和紙を送り火にかざすと、砂糖水で先生があぶり出しをつくってくださっていた
大の文字がうかびあがった。

お盆の料理です。都合で他のクラスに振り替えてもらって参加。
ちょっと遠慮しながらもたくさん撮影してしまいました。
手元がわかると少しでも思い出す。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。